震災の記憶を伝える絵本

今回は震災から10年。
津波被害の記憶を風化させることなく、子どもたちに伝えていくことができるかということを優しく投げかける絵本の紹介です。

今回の絵本

『みずたまり』


森山京/作 松成真理子/絵
1,100円 2011年初版

◆ あらすじ ◆

タクくんがブランコをこいでいる時です。
下にあった水たまりがどうしても気になり、のぞいてみました。
すると、映った自分の顔がだんだんと、津波でひとりぼっちになった女の子の顔に見えてくるのでした。

 ◆ テーマ ◆

想像力

◆ 読後感 ◆

じんとくる

◆ 絵のタッチ ◆

やわらかい

▼ご家庭のみなさまへ▼

しばらく前に、津波が起こった南の島で家族を失った女の子のことを、テレビで見たタクくん。
ところが、そのことをいつしか、すっかり忘れてしまっていました。
次の一文が絵本にあります。
「つなみにおどろいたタクでしたが、日がたつうちにそのおそろしさも、おんなのこのことも、わすれてしまっていました」
ここでは、記憶を風化させず、思い返すことの大事さが描かれているわけです。
また、一方で実際は体験したことのない出来事を自分が追体験することの大事さも描かれています。
記憶を呼び起こしたり、追体験したりを、読者に促そうとする内容です。
読書をすること自体が、記憶を呼びこしたり、追体験したりすることですが、この絵本のお話を読むだけで、おのずと、読書すること自体の大切さに気づくしかけになっています。
体験したことのない世界を知るための方法として、読書習慣を身に着けて、成長したいですね。
想像力の大切さを感じる一冊です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今回紹介した本を含めて国語のプロが厳選した300冊の書籍が読める!
目と耳で読む速聴読!国語力アッププログラム
読書から国語力を育てる ことばの学校

みんなのコメント

[ 震災の記憶を伝える絵本]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る