2ケタでドン!

 

▼ご家庭でできる「量感トレーニング(25)」▼

 

今回はトランプを使った数あそびです。

親子で、家族中で、対決してみましょう。

2ケタの数の大小関係を学びつつ、ゲームのルール理解をしていきます。

わくわく、どきどきを体感してください。

★ゲームの人数:2人から4人程度

 

【準備】

 

トランプの4つのマーク(ハート・ダイヤ・スペード・クラブ)の2~9まで計32枚

→カードを2枚並べ、2ケタの数字ができることを確認。例えば2と5なら、25か52ができます。

【遊び方】

 

(1)32枚のトランプをよく切り、テーブル中央にふせて山にします。

 

(2)それぞれ交互に1枚ずつ引き、数字を確認。十の位に置くか、一の位に置くかを決め、宣言します。

例)カードが「3」→「一の位!」(が、いいですよね)

 

(3)全員が1枚目を引き終わったら、2枚目を引きます。

今度はカードを見てはいけません。

テーブルに、先ほど置いたカードの位では「ない方」に置きます。

 

(4)全員が置き終わったら、一斉にかけ声を。「2ケタでドン!」

カードをオープンします。

親から順に自分ができた数字を読み上げ、一番大きい人が勝ちです。

 

(5)これを合計3セット行います。

ただし、引いたカードは、もどさずに、表にしたまま自分の前にならべておきます。

残っている山からカードを引いていきます。

3回の勝負の内、一番多く勝った人がこのゲームの勝者です。

勝ちが同じ回数だったら、同点の人だけで残ったカードで1回だけの勝負をして、勝ち負けを決めます。

 

(6)慣れてきたら、上級ルール!カードが大きい数が来たら、勝つ確率が高くなり、持っていないとつまらなくなります。

そこで、例え数字が小さくても勝てるルールを導入します。

それは、ゾロ目です。

それも小さいゾロ目を強くするのです。

強さの順22→33→44→・・・→99→98→97→・・・

とすると、2のカードを引いても、まだどきどき感はあるはずです。

 

▼ご家庭のみなさまへ▼

 

このゲームのねらいは、小学1年生の最大の算数のテーマである、「位取り」の概念形成です。

最初は意味がわからなくてもお子さんに「一の位」「十の位」と声に出させること。

大きい数にするには、なるべく十の位に大きな数をもってくればいいことを、ゲームの中で体感してもらいます。

相手がどちらの位に何の数字を出すかによって、自分のカードを置く位を変えられたらたいしたものです。

例えば、7のカードを十の位に置いてあるのを見て、自分が5のカードだったら、十の位に置いても負けてしまうことに気づけるかです

(この場合は、一の位に5を置いて、次のカードで大きい数が来ることを期待するのが正解ですね)。

なお、人数が少ない場合は、マークを2種類に減らしてあげましょう。

残ったカードの類推が楽になります。

 

*———————*
受験算数のプロ 益田先生がお届けしました。
*———————*

みんなのコメント

[ 2ケタでドン!]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る