コップとペットボトルで音の実験~しっかり理由を教えよう!

ものをたたく・こする・はじく・ふくなどをすると音が出ます。

これは、ものが振動することで音が発生するからです。

このとき、高い音がするか・低い音がするかは、この振動の回数で決まります。

振動が速い(振動する回数が多い)と高い音になり、振動が遅い(振動する回数が少ない)と低い音になります。

今回の実験は、音の高低を教える実験です。

 

▼準備するもの▼

実験1:同じガラスコップを2つ、はしを1本

実験2:同じ空のペットボトルを2つ

▼実験1▼

2つのガラスコップに水を入れます。

ひとつはコップ8分目ほど水を入れ、もうひとつは3分目ほど入れます。

そして、それぞれのコップのふちをはしでたたいてください。

問題:どちらのコップから高い音が出たでしょうか?

 

▼実験2▼

同じ空のペットボトルに水を入れます。

ひとつはペットボトル8分目ほど水を入れ、もうひとつは3分目ほど入れます。

そして、それぞれのペットボトルの飲み口に、息を吹いてみましょう。「ボー」と音がしますね。

問題:どちらのペットボトルから高い音が出たでしょうか?

 

▼ご家庭の方へ▼

実験する前に予想をしてみましょう。

「どっちが高い音するかな?」

さすがに理由は言えないと思いますが「あてっこ」ゲームみたいで楽しいです。

楽しいと実験の結果に興味が沸きます。

学習の観点から、もうひとつアドバイスします。

『実験1を終え、理由を伝えてから、実験2を予想させてください。』

では、答え合わせです!

◆実験1の答えは、水が3分目だけ入っているコップの方が高い音を出します。

理由は「コップをはしでたたくと、コップが振動します。また、中の水はコップの振動をおさえようとします。よって、コップが多く振動すれば高い音になるので、この振動をおさえる水が少ない方が高い音になります。」

実験1の理由をしっかり教えたところで、実験2を行います。

予想をさせるとき「何が振動しているのかな」なんて声掛けするのがよいです。

または「次の実験で振動するのは、中の空気だよ」と言ってもよいかもしれません。

◆実験2の答えは、水が8分目ほど入っているペットボトルが高い音を出します。

もし、実験1で「水が少ない方が高い音になる」だけを教えていると…「エッ!なんで~?」と、なるわけです。

この実験は「音はものが振動すること」を学ばせたいのですから、「何が振動するのか」を考えさせ、振動しやすいのはどっちかを予想させるのが大切です。

実験2で振動しているのは、ペットボトルではなく、中の空気です。

したがって、水が多く入るほど中の空気は少ないので、振動しやすくなります。

「音は物の振動」=実験1はコップの振動=実験2は中の空気の振動

このことに気付かせる実験です。

何事にも理由はあります。理由をしっかり教えることは大切です。

種を明かせば「なるほど」となります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
小1理英会アドバンスコースから中学受験小6まで指導しているただっち先生(多田誠)がお送りしました。
9歳までは「楽しい!」が一番!小学校低学年の能力開発
理英会アドバンスコース(小1~2)公式サイト

みんなのコメント

[ コップとペットボトルで音の実験~しっかり理由を教えよう!]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る