コップを使った音の実験

ものを叩いたり、こすったりすると音が出ます。

音はものが振動することで発生します。

そこで、何が振動するのか、その音は高い音なのか低い音なのかを教える実験を紹介します。

おうちですぐにできる実験です!

 

▼準備するもの▼

実験1:同じガラスのコップを2つ、はしを1本

実験2:同じ空のペットボトルを2つ

▼実験1▼

 

同じコップに、ひとつは水をたくさん入れ、もうひとつは少なめに入れましょう。

そして、コップのふちをはしでたたいてください。

問題:どちらのコップから高い音がでたでしょうか?

▼実験2▼

同じ空のペットボトルに、ひとつは水をたくさん入れ、もうひとつは少なめに入れましょう。

そして、飲み口のところで息を吹いてみましょう。「ボー」と音がしますね。

問題:どちらのペットボトルから高い音がでたでしょうか?

▼ご家庭の方へ▼

実験する前に必ず予想をすることは大事です。

特に実験1を終えて、その結果から実験2を予想すること。

それが今回のねらいです。

実験1は水が少ない方が高い音を出します。

そこで「入っている水が少ないから、少ない方が高い」と学ぶことになります。

ところが実験2の結果は、水の多い方が高い音を出します。

エッ!なんで~?と、なるわけです。

ここで、音は「物が振動すること」であることを学ばせます。

高い音は、音を出す物が多く振動することで出ます。

実験1では、コップそのものが振動していますから水の量の少ないほうが高い音がでます。

コップが振動するとき、水が少ない方が全体の重さが軽くなり、振動しやすくなります。

振動しやすくなると、振動数が多くなり音が高くなります。

実験2では、振動しているのは、ペットボトルではなく、中の空気が振動しています。

ですから、水の量の多い方は空気の量が少なく、空気が振動しやすくなります。

そのため、空気から高い音が出るのです。

「ふしぎ…」と思っていたのが、種を明かせば「なるほど」となります。

科学の芽を養う第一歩、いかがでしたか?
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
小1理英会アドバンスコースから中学受験小6まで指導しているただっち先生(多田誠)がお送りしました。
9歳までは「楽しい!」が一番!小学校低学年の能力開発
理英会アドバンスコース(小1~3)公式サイト

みんなのコメント

[ コップを使った音の実験]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る