織姫と彦星の間を流れる川は?

あと1か月もすると七夕ですね。
みなさん短冊にはどんな願い事を書くのかな?

めざせ!ことば博士

▼「これ知っている?」(24) ~3ヒントで当ててみよう!~▼

七夕は織姫と彦星が年に一度だけ会える日だけれども、普段は渡ることができない、織姫と彦星の間を流れている川を何というか知っている?

[ヒント1]

川は川でも魚も住んでいなければ、水も流れていないよ。

[ヒント2]

川は川でも天気が悪いと見えなくなってしまうよ。

[ヒント3]

川は川でもきらきら光っているよ。夜空を見上げてみよう。

▼ご家庭のみなさまへ▼

ヒントには「夜空を見上げてみよう」と書きましたが、天の川を実際にご覧になったことはありますでしょうか。

現在の日本の都市部ではなかなか拝むことはできませんね。

小学校では天の川についていくつかのことを学びます。

星の集まりであること、天の川をはさんで夏は夏の大三角が、冬には冬の大三角が見えること、「天の川」が「秋」の季語であること……。

勉強のことは別としても、お子さまが大きくなるまでに、夜空を横切るように瞬く壮大な銀河を、一度は見せてあげたいものですね。

【答え】天の川
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
小学生に読書の楽しみをひろめるべく、「ことばの学校」の開発に没頭する毎日。
ことばの学校 主任研究員 佐野 樹(ノッチ先生)がお送りしました。
目と耳で読む速聴読!国語力アッププログラム
読書から国語力を育てる ことばの学校

みんなのコメント

[ 織姫と彦星の間を流れる川は?]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る