トーナメント表の見方 オリンピック・パラリンピックで覚えよう!

▼数のなぞなぞ▼

連日、白熱のオリンピック、パラリンピックからの問題です!

今日の問題は、オリンピックからの問題です。
次の文章と、女子バスケットの決勝トーナメント表を見て、あとの問題に答えましょう。


東京オリンピックの女子バスケットボールでは、日本代表チームはすばらしい活躍をおさめました。
決勝トーナメント1回戦では★と戦い86-85の劇的な逆転勝利となりました。
つづく準決勝では、強豪フランスに☆で快勝し、初の決勝戦に進出しました。
決勝戦では、惜しくも敗れましたが、バスケットボールでは日本初の銀メダルを獲得しました。

問題1
文章中の★にあてはまる国はどこですか。
次から選びましょう。

○ア ベルギー
○イ スペイン
○ウ セルビア

答え
○ア ベルギー

問題2
文章中の☆に入る得点はいくつですか。
次から選びましょう。

○ア 64‐67
○イ 79‐59
○ウ 87‐71

答え
○ウ 87‐71

問題3
金メダルをとった国はどこですか。
次から選びましょう。

○ア 日本
○イ 米国
○ウ フランス

答え
○イ 米国

おまけの問題
決勝トーナメントでは、金メダルが決まるまでに、全部でいくつの試合がありましたか?

答え
全部で7試合

▼ご家庭のみなさまへ▼

解説
今日は、トーナメント表の見方について問題を出しました。
大人にとっては見慣れたトーナメント表も子どもにとっては、まだまだ理解に差があると思います。
図などから情報を読み取る力は、これからも益々重要性を増していきます。
一つ一つ確認し、教えながら身につけていきましょう。
おやつ争奪トーナメントを作って、家族でやってみるのが面白くて、一番身につきやすいと思います。

米国とは、アメリカ、豪州とはオーストラリアということも知識として伝えられますね。

おまけの問題の解説

トーナメント戦は、勝ち残り戦とも言われ、1試合ごとに負けたチームが1チームずつ消えていきます。
つまり8チーム参加して、残るのは金メダルの1チームだけですから、7チームが負けることになるので、8‐1=7試合です。
トーナメントの試合の数=参加チーム-1と知っておくといいかもしれません。
*実際のオリンピックでは、金メダルが決まるまでに、この他に予選リーグが18試合行われています。
さらに、3位決定戦まで含めると、全部で7+18+1=26試合行われました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
受験算数につながる考え方を、身近なものを題材に、分かりやすくお伝えする、
アウトドア派の算数講師こばちゃん先生(小林義徳)がお送りしました!

9歳までは「楽しい!」が一番!小学校低学年の能力開発 理英会アドバンスコース(小1~3)公式サイト

みんなのコメント

[ トーナメント表の見方 オリンピック・パラリンピックで覚えよう!]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る