2036年までにオリンピックは何回開かれるでしょうか?

▼数のなぞなぞ▼

今日はオリンピックに関する問題です。

7月になりました。
いよいよ、オリンピックまであと少しになりましたね。
本当は、2020年に開かれる東京オリンピックでしたが、コロナの影響で、1年後の2021年に開催されることになったのでしたね。

問題1
気が早いですが、次のオリンピックはフランスのパリで行われますね。
このオリンピックは西暦何年に開催されるでしょうか?
ヒントはオリンピックは4年ごとに行われていますよ。

(難易度 ★)

答え
次のパリ・オリンピックは2024年に開かれます。

問題2
2020年から2028年までの間にオリンピックは何回開かれるでしょうか?
(難易度 ★★)

答え
2020年から2028年の間にオリンピックは、2021年(本当は2020年の予定でした)、2024年、2028年の3回開かれます。

問題3
2020年から2036年の間までにオリンピックは何回開かれるでしょうか?

(難易度 ★★★)

▼ご家庭のみなさまへ▼

オリンピックが4年ごとに開催されることを利用した算数の問題です。
問題3の解答・解説
オリンピック開催年
↑の図(東京は開催予定だった2020で書いてあります)のようになり、5回開かれます。
(2036-2020)÷4=4 ⇒4年間が4回ある
4+1=5回
これは、算数の【植木算】という考え方の問題と一緒です。
自分の手を見てください。
指は5本で、指と指の間は4つですね。

木の数が間の数よりも1つ多くなるという考え方です。

つい、16÷4=4回と答えたり、2028年までが3回だから2036までは2倍の6回と答えてしまう間違いは、よくありがちです。
お子さまには、しっかりと図で書いたり、順番に数字を書き出したりするように指導しましょう。

おまけの問題
①1本のカステラを3人で分けるよ。
何回切るかな?

答え
2回
②1Fから3Fまでエスカレーターで6秒だって。
じゃぁ、6Fまでは何秒で行けるかな?
答え
15秒
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
受験算数につながる考え方を、身近なものを題材に、分かりやすくお伝えする、
アウトドア派の算数講師こばちゃん先生(小林義徳)がお送りしました!

9歳までは「楽しい!」が一番!小学校低学年の能力開発 理英会アドバンスコース(小1~3)公式サイト

みんなのコメント

[ 2036年までにオリンピックは何回開かれるでしょうか?]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る