カレンダーを使った問題

▼数のなぞなぞ▼

こばちゃん先生担当の「数のなぞなぞ」です!
今回は、カレンダーについての問題です。
目の前に2022年のカレンダーを用意しましょう。

1. さて、3月3日は、何の日ですか?
そうですね。
「ひなまつり」です。

では、3月3日は何曜日ですか?
カレンダーを見たら分かりますね。
木曜日です。

ここからが問題です。
では、1ケ月前の2月3日は何曜日ですか?
カレンダーを見てもいいですよ。(難易度 ★)

2. では、1ケ月後の4月3日と2ケ月後の5月3日は何曜日ですか?

カレンダーを見ていいですよ。
(難易度 ★★)

3. では、最後の問題です。

3月のカレンダーに戻しましょう。
3月21日の春分の日は、月曜日ですね。
2月21日、4月21日、5月21日は、それぞれ何曜日でしょう?

カレンダーを見ないで答えられたら天才!!
(難易度 ★★★)

▼ご家庭のみなさまへ▼

解答)
1. 2月3日は、木曜日。2月は平年の場合、28日まで。
つまり、4週間ぴったりなので、2月と3月は必ず同じ曜日になります。

2. 3月は31日まで。
つまり4週間と3日なので、4月3日は、曜日が3つ後ろにずれ、金→土→日となります。
答えは、日曜日。

5月3日も同じように考えますが、4月は30日までなので、4週間と2日。
曜日が、さらに2つ後ろにずれ、月→火。
5月3日は火曜日になります。

3. 3月3日の答えから、2月と3月は同じ曜日、4月は3つ後ろにずれる、5月はさらに2つ後ろにずれることが分かります。
その規則性と同じように考えることがミソです。
なので、2月21日は月曜日。
4月21日は木曜日。5月21日は土曜日。

今回は、カレンダーを使って、「1つの規則性を他のところでも利用する」ことを意図して出題しました。
なかなか難しいかとは思いますが、他の日付でも、聞いてみて理解をさらに深めれるといいですね。
お子さんを「3秒で曜日が分かる名人」に仕立てて盛り上げてあげるのも一つの手です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
受験算数につながる考え方を、身近なものを題材に、分かりやすくお伝えする、
アウトドア派の算数講師こばちゃん先生(小林義徳)がお送りしました!

みんなのコメント

[ カレンダーを使った問題]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る