何回あがる?エスカレーターのクイズ!

▼数のなぞなぞ▼

今回はこばちゃん先生担当の「数のなぞなぞ」です!

今回はエスカレーターの問題にチャレンジしてみよう!

あるデパートの1階から3階までエスカレーターで上るのに

30秒かかったよ。自分がエスカレーターに乗っているのをイメージしてね。

ではここで、問題。

 

1.同じ速さで、1階から4階までエスカレーターで上るのに何秒かかるかな? (難易度 ★★)

 

2.同じ速さで、地下2階から2階までエスカレーターで上るのに何秒かかるかな?(難易度 ★★★)

 

▼ご家庭のみなさまへ▼

 

1.答えは45秒。

まず、1階分上がるのに何秒かかるかを考えよう。3階まで上がるのに30秒だから

1階上がるのに10秒、と考えていないかい?1階から3階まで上がるのにエスカレーターに乗るのは

2回。(1階→2階と2階→3階だね)だから1回分上がるのにかかる時間は30秒の半分で15秒だよ。

1階から4階までは、エスカレーターに乗るのは3回。4回じゃないよ。

だから15+15+15=45秒だね。

2.答えは45秒。

今度は地下2階から2階までだから、何回エスカレーターに

乗るか考えてみよう!

地下2階→地下1階→地上1階→地上2階で、3回エスカレーターに乗るね。

だから、やっぱり15+15+15=45秒が正解だよ。

これは、中学入試の単元で言うと「植木算」という考え方です。

この単元は、植木の数と間の数の関係を図に表していかないとわかりにくい単元となります。

実際に数字だけを見てしまうと、1階→3階だったらエスカレーターは3回分乗ると考えてしまいがちですよね。

お子さまにエスカレーターの説明をするときに、図に表して

「ほら2回しか乗っていないね」

というように確認できるといいですね。

また、15+15+15のような計算は、お金を使って5円と5円で10円というように考えると分かりやすいですね。

しかも10の固まりをとらえるトレーニングにもなります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

受験算数につながる考え方を、身近なものを題材に、分かりやすくお伝えする、
アウトドア派の算数講師こばちゃん先生(小林義徳)がお送りしました!
9歳までは「楽しい!」が一番!小学校低学年の能力開発 理英会アドバンスコース(小1~3)公式サイト

みんなのコメント

[ 何回あがる?エスカレーターのクイズ!]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る