イルカはいるか?

今週はノッチ先生の「ことば」がテーマのなぞなぞです。

◆もんだい◆

「ふく」ということばは「ふくを着る」のように「もの」と「机をふく」のように「すること(動作)」の2つの使い方があるよ。
では問題。
つぎの①~③の前の○と後ろの○には同じことばが入るよ。
前の○は「生き物の名前」、後ろの○は「すること」だよ。
わかるかな?
①○○○が鳴くから家に○○○。
②○○が魚を○○。
③○○がその場を○○。
ヒント★★★(これでわかったら天才!)
「すること」①は「もといたところにもどる」。
②は「糸と針で魚をとる」。
③は「今のところからはなれる」だよ。
ヒント★★(これでわかったら名人!)
「生き物」①は池や川にいるよ。
②は鳥のなかまだよ。
③は顔が赤いよ。
ヒント★(これでわかったら秀才!)
①は「か○○」。
②は「つ○」。
③は「さ○」だよ!

▼ご家庭のみなさまへ▼

問題文の「すること(動作)」を国語の学習では「動詞」といいます。
「動詞」の中には同じ読み方(訓)で複数の使い方(漢字)があるものがあり、この組み合わせを同訓異字といいます。
例えば「あける」には「開ける」「空ける」「明ける」の3つの同訓異字があり「戸を開ける」「穴を空ける」「夜が明ける」のように使い分けています。
同訓異字は間違えやすいことから、中学入試では非常によく出題され受験生の必須単元になっています。
今回のなぞなぞは「名詞(生き物の名前)」と「動詞」という変則的な同訓異字を利用しました。
お子さまには、ことばはいろいろな使い方がある、ということを知っていただければと思います。
答え)①「かえる」②「つる」③「さる」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日頃、中学入試の最前線の国語指導をしつつ、小学生に読書の楽しみをひろめるべく、「ことばの学校」の開発に没頭する毎日。
ことばの学校 主任研究員 佐野 樹(ノッチ先生)がお送りしました。

みんなのコメント

[ イルカはいるか?]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る