文豪ゲーテが書いた童話

今回の絵本


文豪ゲーテが書いた童話

『にげだしたライオン』

ゲーテ/作 田名網敬一/絵
1,512円 1827年完成

にげだしたライオン (世界の名作絵本)

◆ あらすじ ◆

火事になったサーカスから動物たちが逃げ出します。
ゾウやクマはすぐに見つかりました。ところがライオンの行方だけが分かりません。
やっとのことでライオンが山の上の木の下に隠れているのを探し出したのですが、こんどは猛獣使いがむちを打って追い立てようとしてもライオンは言うことを聞ききません。
やりを抱えて馬に乗った若者や、猟犬を従えた猟師が来ても野生に返ってしまった様子のライオンは牙をむいてびくともしません。
いよいよ兵隊が取り囲み、ついに撃ってしまおうとしました。

◆ テーマ ◆

気持ちが大事

◆ 読後感 ◆

じーんとする

◆ 絵のタッチ ◆

鮮やか色

▼ご家庭のみなさまへ▼

ライオンが撃たれようとしたその時、ひとりの少年がやってきてあることをしました。
そうすると、それまでとは一変してライオンはおとなしくなったのでした。
相手がどんな気持ちでいるのか。寄り添ってみることが大切だと示してくれるお話です。

みんなのコメント

[ 文豪ゲーテが書いた童話]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る