守れ!家族団らん(福翁百話22話)


福翁百話 現代語訳 (角川ソフィア文庫)

例年、慶應義塾横浜初等部の願書には創設者の福澤諭吉の著作『福翁自伝』を読んで、所感を記す指示がありました。

しかし、2020年度の横浜初等部の入試ではこれまでとは異なり、『伝記小泉信三』が課題図書に選ばれました。

さらに2021年度の横浜初等部の入試では『福翁百話』に課題図書が変更されました。

そこで、これからこの本を手にされる方のために『福翁百話』の中でも、子育て・教育に関する話を一話ごと取り上げて、要点を簡単にご紹介いたします。

今回は22話の要点を意訳してご紹介します。

家族団らんの大切さ

心が通い合い、一挙一動、すべてのことが楽しくて、笑いにつながる家族団らん。
他人では知ることのできない喜びです。

しかし、ひとたび、家族の一人が自分のことだけを考えて行動するようになると、家族の交わりが素直にできなくなるものです。
そうなってしまっても、大きなもめ事を起こさず、家を治めている人もあるかもしれません。

けれども、現実は他の家族は表面的に従っているに過ぎません。

本人一代は表面だけ無事に終わっても、子の代になったときに、それがもとになってうまくいかないことも出てくるでしょう。

自己満足か、わが家を保つ気風のどちらが大事でしょうか。
このように、事の軽重を誤ることのないようにしたいものです。

まとめ

22話では家族団らんの秘けつが語られます。

難しいことが語られているわけではありませんでした。

あくまで人間関係の基本が説かれています。

「あなたは相手が家族だからと、わがままを通していませんか?」

こういった誰もが身につまされる問いかけです。

家族ならではの楽しさは、他人では、なかなかわからないと、福澤は語っています。

一方で、家族の不協和音も、なかなか他人からはわからないものでしょう。

「わが家の常識は世間の非常識」という言葉があるくらいです。

他人から指摘を受けて直す機会もあまりありません。

ですから、福澤は自分自身で判断すること、律することを強く説くのです。

その背景には、常に人は、独立した個人として互いを尊重するべき、自分でしっかり判断すべきという福澤の思想があります。

みんなのコメント

[ 守れ!家族団らん(福翁百話22話)]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る