福澤流 子離れのすすめ(福翁百話29話)


福翁百話 現代語訳 (角川ソフィア文庫)

例年、慶應義塾横浜初等部の願書には創設者の福澤諭吉の著作<strong>『福翁自伝』</strong>を読んで、所感を記す指示がありました。

しかし、2020年度の横浜初等部の入試ではこれまでとは異なり、<strong>『伝記小泉信三』</strong>が課題図書に選ばれました。

さらに2021年度の横浜初等部の入試では<strong>『福翁百話』</strong>に課題図書が変更されました。

そこで、これからこの本を手にされる方のために『福翁百話』の中でも、子育て・教育に関する話を一話ごと取り上げて、要点を簡単にご紹介いたします。

今回は29話の要点を意訳してご紹介します。

大人の親子関係とは?

育ててくれた父母への恩は大変に大きいもので、終生忘れてはならないものです。

しかし、教育を受け成人して後、人は独立して生計を営むべきだと私は考えています。
その後は一切、父母の厄介になってはいけないと思うのです。

一方、父母の方でも、子が成人したら、子の発言や行動を妨げてはならないのです。
互いに干渉せず、その後は情愛だけで交わり、病気や災難、危急のときに至ってお互いに助け合うべきなのです。

まとめ

この29話にも福澤の理念、「独立自尊」の精神にのっとった考え方がよく表れています。

成人後は親子であっても、あまり、べったりし過ぎるのはよくないことだと説いています。

「家」にとらわれることなく、それぞれが個人の生き方を重視することこそ、この頃の福澤が世に広めたかった考え方と言えるでしょう。

個人として生きる自覚、それこそが世の中を変えるのだという『福翁百話』、ひいては福澤の思想に通じる考え方だからです。

これも現代の今なお、生きている問題提起でしょう。

みんなのコメント

[ 福澤流 子離れのすすめ(福翁百話29話)]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る