知っていれば助かっていた!(福翁百話)


福翁百話 現代語訳 (角川ソフィア文庫)

例年、慶應義塾横浜初等部の願書には創設者の福澤諭吉の著作『福翁自伝』を読んで、所感を記す指示がありました。

しかし、2020年度の横浜初等部の入試ではこれまでとは異なり、『伝記小泉信三』が課題図書に選ばれました。

さらに2021年度の横浜初等部の入試では『福翁百話』に課題図書が変更されました。

そこで、これからこの本を手にされる方のために『福翁百話』の中でも、子育て・教育に関する話を一話ごと取り上げて、要点を簡単にご紹介いたします。

今回は79話の要点を意訳してご紹介します。

無学は生死にもかかわる!

裕福な家の夫人が、まだ初老にもならないのに病気で亡くなってしまった。

この夫人はすぐにかかりつけ医に見てもらったのだが、これが草の根や皮を煎じた薬を飲ませる昔風の医者だった。

医者は昼夜付きっ切りで治療を進め、さらに鍼医、按摩も来て、近所の住人が進める売薬をもひそかに飲ませ、お祓いもしてもらった。

けれども、夫人はいっこうに良くならない。

そこで、いよいよ、このごろ話題の西洋医を頼もうとなったが、誰が良いか、Aは有名だが、家の方位が悪いなどといっているうちにさらに2日ほど無駄にした。

ようやく西洋医が来診したところ、家の者に始まって、鍼医、按摩、かかりつけ医が容体を同じように説明していくのに時間が取られた。

結局、医師がようやく見たころには、もはや手の施しようがなかった。

患者の病気は、急性の内蔵の炎症で、もし家風が学問を軽んじず、身体生理の知識を少しでも知っていれば、助かっていただろう。

人の世で最大の不幸、それは無学から生じるものの多いと知っておくべきだ。

まとめ

79話は、あるケースを通じて教訓的に学問の必要を説く内容でした。

現代から見ると、このようなケースはあまりないことでしょうが、知らないがゆえの判断ミスということは、様々な場面で今も起きているでしょう。

学問は日進月歩で進歩しています。

新たな知識を身につけることで、判断基準を更新していくことは大事なことに変わりないでしょう。

みんなのコメント

[ 知っていれば助かっていた!(福翁百話)]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る