福翁百話から子育て・教育に関する話 (第32話)


福翁百話 現代語訳 (角川ソフィア文庫)

例年、慶應義塾横浜初等部の願書には創設者の福澤諭吉の著作『福翁自伝』を読んで、所感を記す指示がありました。

しかし、2020年度の横浜初等部の入試ではこれまでとは異なり、『伝記小泉信三』が課題図書に選ばれ、さらに2021年度の横浜初等部の入試では『福翁百話』に課題図書が変更されました。
そこで、これからこの本を手にされる方のために『福翁百話』の中でも、子育て・教育に関する話を一話ごと取り上げて、要点を簡単にご紹介いたします。
今回は32話の要点をご紹介します。

専門家でなくても学問は必要!

「学問は学者がするものだ」と学問を学者任せにして、一般人が学問を身に付けないのはよくありません。
学問の成果を広く一般の人が理解していなければ、せっかくの学問の力がいかされないからです。

医師が医術を研究して、その成果がわかっていても周囲の人が医学に対する理解や信頼がなければ、せっかくの医学も使われることがないでしょう。
こうしたことがないように、広く一般に学問が必要で教育を奨励することは重要なことなのです。

どのような労働に携わろうと、学問のことわりの中で働いているのです。
時計職人がどのような仕組みで時刻を指すのか、どのような部品を使っているのかと時計の原理を知っていることは専門家でなくても当然必要でしょう。
同じように豆腐屋さん、酒屋さん、大工さん、ご飯を炊くにしても、すべて学理の中にあることです。
広い意味で教育を身に付け学問社会を形成することがまず、文明の中に生活する人間として重要なのです。

まとめ

ひとりひとりが自覚を持って学ぶ姿勢を持ち、知識を持つことこそ、社会を形成するうえで必要なことだと福澤は説きます。
この32話は学問には価値があるという共通の前提を持つことを強く訴えかける内容に感じました。

みんなのコメント

[ 福翁百話から子育て・教育に関する話 (第32話)]のご感想やコメントをお寄せください。

twitterのID

教室のご案内
神奈川
横浜校
川崎ルフロン校
元町校
二俣川校
大船校
青葉台校
東京・埼玉・千葉
二子玉川校
自由が丘校
池袋校
吉祥寺校
千葉校
関西
天王寺校
神戸校
お電話でのお問合わせ
0120-042-870
ホームページでのお問合わせ
資料請求・問合わせ

無料体験授業受付中

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

最新のイベント

イベント一覧

プライバシーマーク
どんちゃかグループ理英会は、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

いま資料請求をすると

ばっちりくんがついてくる!

  • 資料・問い合わせ
  • 体験授業の問い合わせ

講習・分析会の受付はこちら

まなび予約.com

トップへ戻る